25146円 これぞ、レッドウィング 【生産終了在庫限り】レッドウィング メンズ 11インチ エンジニア スティールトゥ ストーブパイプ RED WING 11" ENGINEER ST STOVEPIPE 9269 靴 メンズ靴 ブーツ エンジニア これぞ レッドウィング 生産終了在庫限り メンズ 11インチ エンジニア スティールトゥ ストーブパイプ 2020 RED WING STOVEPIPE 9269 ST 11" ENGINEER 9269,STOVEPIPE,/Ailuropoda139076.html,スティールトゥ,ストーブパイプ,WING,11インチ,RED,25146円,ENGINEER,11",idei.co.jp,メンズ,ST,【生産終了在庫限り】レッドウィング,靴 , メンズ靴 , ブーツ , エンジニア,エンジニア,これぞ、レッドウィング 9269,STOVEPIPE,/Ailuropoda139076.html,スティールトゥ,ストーブパイプ,WING,11インチ,RED,25146円,ENGINEER,11",idei.co.jp,メンズ,ST,【生産終了在庫限り】レッドウィング,靴 , メンズ靴 , ブーツ , エンジニア,エンジニア,これぞ、レッドウィング 25146円 これぞ、レッドウィング 【生産終了在庫限り】レッドウィング メンズ 11インチ エンジニア スティールトゥ ストーブパイプ RED WING 11" ENGINEER ST STOVEPIPE 9269 靴 メンズ靴 ブーツ エンジニア これぞ レッドウィング 生産終了在庫限り メンズ 11インチ エンジニア スティールトゥ ストーブパイプ 2020 RED WING STOVEPIPE 9269 ST 11" ENGINEER

これぞ レッドウィング 生産終了在庫限り メンズ 人気上昇中 11インチ エンジニア スティールトゥ ストーブパイプ 2020 RED WING STOVEPIPE 9269 ST 11

これぞ、レッドウィング 【生産終了在庫限り】レッドウィング メンズ 11インチ エンジニア スティールトゥ ストーブパイプ RED WING 11" ENGINEER ST STOVEPIPE 9269

25146円

これぞ、レッドウィング 【生産終了在庫限り】レッドウィング メンズ 11インチ エンジニア スティールトゥ ストーブパイプ RED WING 11" ENGINEER ST STOVEPIPE 9269





















レッドウィング メンズ 11インチ エンジニア スティールトゥ ストーブパイプ RED WING 11" ENGINEER ST STOVEPIPE 9269


このブーツを持っているだけで、ある意味ヒーロー的な存在になれる。
90年代、多くの学生にとって憧れのブーツだったRED WHING(レッドウィング)。

僕も学生時代にアルバイトで一生懸命貯めたお金を握りしめて買いに行った思い出があります。
そんな憧れのブーツ。
当時は「履く」というよりは「見せびらかす」ためのツール。
レッドウイング本来の良さを知らないまま、友達や雑誌の影響で買っていたのが懐かしい。

時を超えて30代になってから、懐かしさのもと再度手にしたレッドウィングのブーツ。
アパレルの業界で色々な製品を目にしてから見るレッドウィングは以前とは異なったものでした。
それは、流行とかトレンドとは別の"モノ"としてのカッコよさ。

まず、今でもアメリカ製にこだわっているところ。
正直、アメリカでモノを作るとどうしても原価が高くなってしまう。
でもやっぱりアメリカ製じゃないと作れないものもある。
繊細さや丁寧さを得意とする日本製と違い、アメリカ製は頑強さや機能性を重視する。
だから1点1点どれも同じじゃないし、味の出方も面白い。
だからレッドウィングはアメリカ製にこだわり続けているんだと思います。

そして製法。
一生履ける靴としてソールの張替えができるグッドイヤーウェルト製法を採用。
パーツも多くなるし、作業工程も複雑だから時間も手間もかかる。
でも、それだけ丈夫な靴ができる。
アメリカ製との組み合わせは最高です。

革のブーツは少し手間もかかるかもしれません。
軽く汚れを落としたり、革にオイルを含ませたり。
もちろん気にせずラフに履くのもカッコいいけど、少しケアをすると自分だけ味、自分だけのブーツが完成する。
これが何とも楽しくて、今もどっぷりとはまり続けています。


"STOVEPIPE(ストーブパイプ)"と名づけられたエンジニアブーツ。
1991年に日本市場の声を受けて開発されたラフアウトレザーのエンジニアブーツである#8268の当時のディテールを再現したものです。
エンジニアブーツの歴史を紐解けば、新たなタイプのワークブーツとしてアメリカで登場した1930年代、その多くは膝下丈のロングブーツでした。
その後これと同じ11インチ程度の丈のものが主流となったのが1950年代。
アメリカのユースカルチャーの中でジーンズとともにトレンドとなるものの、1960年代にはその流れも落ち着き生産数も激減することに。
そんな中、レッドウィングはエンジニアブーツを作り続けていました。
そして1950~1970年代には日本のファッション市場で定番アイテムとして受け入れられることに。
ちなみに、このころのエンジニアブーツのほとんどはブラックレザーで作られていました。
満を持して1991年に発表されたのが#8268。
ラフアウトレザーを使用し、アンクルストラップの位置を下げたデザインを取り入れたいわば革新的なモデルでした。
その後、2003年にはアンクルストラップが元の高さに戻り、2007年にはシャフトが太くなるなどの変更が加えられました。
今回の#9269はその変更が加わる前、1990年代の#8268を復刻したものという訳なんです。

細くスッキリとしたシャフト、パンツを穿いた時にも見える低く配置されたアンクルストラップ。
ブルハイドを用いて再現された毛足の長いラフアウト。
当時のタグである羽根ロゴだけの小さなタグ。
僕にとってレッドウィングのエンジニアブーツと言えば、これなんです。

実は、この#9269も生産が終了してしまったそう。
僕にとってレッドウィングの象徴でもあるこのモデル。
在庫限りなのでマイサイズがあればチャンスかもしれません。




■ワイズ
D相当

■素材
ソール:ブラック・ネオプレーンコード
製法:グッドイヤーウエルト

■レザー
BULLHIDE ROUGHOUT

■原産国/MADE IN USA

■ブランド/RED WING(レッドウィング)

■カテゴリ/メンズ靴

これぞ、レッドウィング 【生産終了在庫限り】レッドウィング メンズ 11インチ エンジニア スティールトゥ ストーブパイプ RED WING 11" ENGINEER ST STOVEPIPE 9269